防災

防災

各家庭での防災対策(自助)

地震や豪雨など災害に備えるは、まずは家庭での対策です。
自分の住んでいるところはどんなところか?災害時の連絡先や集合場所など
家族で話し合ってみましょう。
まちのカレンダーに防災ページもありますので参考にしてください。

家族で話し合っていますか?

地震をはじめ災害は、いつ起こるかわかりません。
災害時に家族が一緒にいる時に起こるとは限りません。
このため、災害発生時、家族がバラバラにならないために、どこに集まるのか、どういう連絡をとるのかなどを話し合っておきましょう。

防災手帳(家族の連絡先が分かるようなもの)なども活用しましょう。

災害伝言ダイヤル(171)/災害用ブロードバンド伝言板(web171)

NTTのサービスで、被災地の方が音声・文字・画像で録音した安否などに関する情報を他の地域の方が聞くことができるほか、被災地の方へメッセージを伝えることができるサービスです。「171」または「災害用伝言板」で、「被災された方の電話番号」を入力することにより、伝言を入力したり、伝言内容を確認したりできます。ぜひ、家族、親戚、友人等で体験してください。体験できる期間は、毎月1日、防災週間(8月30日から9月5日)、防災とボランティア週間(1月15日から1月21日)、正月三が日です。

災害用伝言板(外部リンク。新しいページで開きます)についてはこちらをクリックしてください。

家庭内備蓄(非常持ち出し品)

大きな災害時には、直接的な被害は避けることができても、水道・電気・ガスと
いったライフラインの停止が考えられます。
水やガスの供給停止に備え、飲料水や日用品の入手困難といった最悪の事態を考え、最低3日間しのげる物を備えておきましょう。

食糧の備蓄
 食糧は、普段使う乾麺なども備蓄になりますので、少し余分に持っていること
 でも備蓄食料になります。*年に一度は賞味期限の確認をしましょう。

非常持出品は、すぐ背負えるリュックサック等にまとめ、取り出しやすい所に置きましょう。

非常時持出品チェックリスト(2.82MB)

家庭での地震対策

地震の際には、揺れによって自宅内のタンスやテレビなどが倒れます。
これによるけが、場合によっては死亡するケースがあります。
簡単なグッズで家具転倒防止もできますのでぜひ対策をしましょう。

ページの先頭へ戻る

更新日 2016年4月25日

地域で災害に備える「自主防災会」(共助)

災害時には、皆さんの助け合いが非常に大きな力となります。
その第一歩は、お住まいになっている地域の各自主防災会です。
各自主防災会では、災害時、被害を最小限に食い止めるためには、地域ぐるみで助け合うため、『自分たちの地域は自分たちで守る』を合言葉に、行政区単位で「自主防災組織」を結成しています。
各自主防災会では、万一に備え、防災訓練や初期消火等の訓練活動をおこなっていますので機会があれば参加しましょう。

まちの防災(公助)

大口町地域防災計画を基に防災対策を進めています。
災害時の情報配信や災害時の対応、関係機関との連携等をどうするかといった点を
定め災害時に備えています。

更新日 2016年3月29日

大口町地域防災計画

この計画は、災害対策基本法(昭和36年法律第 223号)の規定に基づき、が策定する計画です。 都、区市町村、指定地方行政機関、自衛隊、指定公共機関、指定地方公共機関等の防災機関がその有する全機能を有効に発揮して、都の地域における地震災害の予防、応急対策及び復旧・復興対策を実施することにより、住民の生命、身体及び財産を保護することを目的としています。
平成31年3月改正
(様式編は平成27年3月に作成したものとなりますので、役場内の課名等が現在と相違している箇所があります)
PDFファイル
【方針編】     (6,245KB)
 ・地震、風水害など災害における全般的な方針を記載しています。

【マニュアル編】(1,739KB)
 ・行政各部署、関係機関の取り組み内容を記載しています。

【資料編】        (3,156KB)
 ・災害救助法等や各協定といった関係資料

【様式編】          (5,151KB)
 ・各種様式

ページの先頭へ戻る

更新日 2019年6月3日

防災行政無線

災害時には、電気が使えないことも想定されるため、町では、防災行政無線を整備し、皆さんへの情報伝達を行います。
無線による情報伝達方法は次の2種類です。
屋外拡声機(屋外のラッパによる放送)
 大口町防災マップで確認ください。
 大口町防災マップ(PDF 35.9MB)はこちらをクリックしてください。
防災マップは「大口町くらしマップ(公開型地図情報システム)」でもご覧いただけます。(新しいページで開きます)

戸別受信機(各家庭の受信機)
 町で配布しています。(希望者は、町民安全課までお越しください。)

ページの先頭へ戻る

更新日 2017年4月27日

備蓄食料

備蓄食料は、皆さんが少し備蓄することで、町全体では非常に大きな備蓄になります。みなさんご家庭で災害時の備蓄を行いましょう。

町では、各自の備蓄食料が不足した際や緊急時の避難者用として、町でも、非常食を備蓄しています。
町が備蓄している災害用備蓄食品の成分表示

ページの先頭へ戻る

更新日 2016年4月25日

災害時の避難場所

あってはならない災害ですが、いざという時のために、避難場所を家族でよく話し合っておきましょう。町では、緊急避難場所として11か所、指定避難所として11か所、福祉避難所を1か所指定しています。

緊急避難場所(11か所)

災害の種類に応じて危険のおよばない施錠等がない常時開けた場所で、災害発生のおそれがある場合にその危険から逃れるため住民が一時滞在する場所をいいます。
指定緊急避難場所は、災害別で区別されています。

指定緊急避難場所
施設名
洪水・内水
地震・火災
大口南小学校   ◯  ◯
大口北小学校 
 ◯
大口西小学校 ×
 ◯
大口中学校
 ◯
健康文化センター
 ◯  ◯
中央公民館  ◯
さつきケ丘防災センター  ×
秋田グラウンド
 ×
総合運動場
 ×  ◯
上小口グラウンド
 ×  ◯
河北グラウンド
 ×  ◯

指定避難所・福祉避難所(10か所)

災害の危険性があり避難した住民等を災害の危険性がなくなるまでに必要な間滞在させ、または災害により家に戻れなくなった住民等を一定期間滞在し、避難者の生活環境を確保するための施設をいいます。

施設名
所在地
 電話  備考
中央公民館
大口町伝右一丁目47番地
95-3155

健康文化センター
大口町伝右一丁目35番地
94-0050
兼福祉避難所 
町民会館
大口町丸二丁目8番地 
95-6771  
 
大口南小学校 
大口町奈良子三丁目116番地 
95-3216 
 
大口北小学校 
大口町中小口三丁目258番地
95-2034
 
大口西小学校
大口町余野六丁目440番地
95-5066
 
大口中学校
大口町丸一丁目38番地
95-3242
 
大口北保育園
大口町大字小口字金三西20番地
95-3621
 
屋内運動場
大口町城屋敷一丁目308番地
 
 
さつきケ丘防災センター
大口町さつきヶ丘二丁目258番地
 
 

避難場所の地図はこちら(「大口町くらしマップ」へリンク。新しいページで開きます)

また、困った時の連絡先は下記のとおりです。
  • 江南警察署 56-0110
  • 丹羽広域事務組合消防本部 95-5151
  • 丹羽広域事務組合水道部 95-3400
  • 中部電力小牧営業所 0120-985-752

ページの先頭へ戻る

更新日 2017年10月6日

災害協定

災害に備えるために協定を締結しています。

災害時の歯科医療救護に関する協定(尾北歯科医師会)

平成22年10月に尾北歯科医師会と協定を締結しました。これは、災害時に町の要請を受け、尾北歯科医師会が歯科医療救護班を派遣して、被災者に対する歯科医療救護活動等を円滑に行うためのものです。

災害時の医療救護に関する協定(尾北薬剤師会)

平成22月7月に尾北薬剤師会と協定を締結しました。これは、災害時に町の要請を受け、尾北薬剤師会が薬剤師班を派遣して、被災者に対する医療救護活動等を円滑に行うためのものです。

災害時の医療救護に関する協定(尾北医師会)

平成21年3月に尾北医師会と協定を締結しました。これは、災害時に町の要請を受け、尾北医師会が医療救護班を派遣して、被災者に対するしか医療救護活動等を円滑に行うためのものです。

災害時における物資提供に関する協定

自販機7平成20年9月にコカ・コーラセントラルジャパン株式会社と協定を締結しました。これは、大口町内に震度5弱の地震またはこれと同等以上の

災害が発生し、若しくは発生するおそれがある場合において、庁舎西側に設置した地域貢献型自動販売機の製品及び倉庫から避難所に無償

で飲料水の提供をうけることができるものです。

 

 

 

地域貢献型自動販売機

 

災害時に要援護者の避難施設として民間社会福祉施設等を使用することに関する協定

平成20年3月特別養護老人ホーム御桜乃里と介護老人保健施設さくら荘、平成24年2月軽費老人ホーム一期一会荘、平成17年11月ハートフル大口と協定を締結しました。これは、災害時に避難所では対応が困難な災害時要援護者の避難所として使用の協力を要請するものです。

災害救助物資の緊急調達等に関する協定

災害協定

平成19年8月にアピタ大口店、株式会社西友、株式会社バロー、株式会社ヨシヅヤ大口店と協定を締結しました。これは、災害時に必要な

物資の調達を要請するものです。

 

防災訓練(物資取扱 訓練)

 

ページの先頭へ戻る

更新日 2016年4月25日

社会資本総合整備計画

 社会資本総合整備計画とは、都市環境の改善及国土の保全と開発並ぶ位に住生活の安定と確保及び向上を図ることを目的として、地方公共団体等が作成した社会資本の整備その他の取組に関する計画です。

 

本町では、「地域防災拠点からひろがる防災まちづくり」として、平成24年度から平成28年度までの5年間の計画を策定しました。

 

本計画では、

 

 ○本町の防災活動拠点となる中央防災活動拠点施設(中央公民館の耐震化等)の整備

 

 ○地域防災拠点施設の増設と防災整備・機能充実(各学供)

 

 ○情報伝達手段の向上(防災無線)

 

 など、防災対策への地域格差が生じないよう一体的な防災基盤の構築を目指していきます。

 
社会資本総合整備計画      (PDF540KB) 

社会資本整備総合交付金チェックシート(PDF25KB) 

社会資本総合整備計画事後評価書    (PDF985KB)

ページの先頭へ戻る

更新日 2019年4月12日

防災学習システムについて

愛知県ではインターネットにより、東海地震・東南海地震が同時に発生したときのお住まいの地域における地盤の揺れの大きさを調べたり、大地震時の自宅の様子をシュミレーションすることができる「防災学習システム」(外部リンク)を公開しています。

 

 

あいち防災協働社会推進協議会

あいち防災協働社会推進協議会では「家具や書庫等の転倒防止」をテーマに取り組みを進めます

http://www.pref.aichi.jp/0000003405.html(外部リンク)

ページの先頭へ戻る

更新日 2016年4月25日