特別定額給付金について

特別定額給付金について

特別定額給付金の振込状況について

6月30日(火曜日)までに、全対象世帯のうち、95%を超える世帯からすでに申請をいただいております。

振込状況につきましては、下記の表のようになっております。

給付対象世帯  9,683世帯

給付対象人数 24,349人

 振込日  振込件数 累積振込件数 給付率 受領
 日付 曜日  世帯数 人数  世帯数 人数  世帯数 人数  期間
5月27日 153 431 153 431 1.6% 1.8%

 5月13日〜18日

6月3日

49 125 202 556 2.1% 2.3%

 5月19日〜25日

6月11日 1,885 5,009 2,087 5,565 21.6% 22.9%  5月26日〜28日
6月17日 3,912 10,120 5,999 15,685 62.0% 64.4%  5月29日〜6月2日
6月24日 2,411 6,103 8,410 21,788 86.9% 89.5%  6月3日〜15日
 7月1日 464 1,108 8,874 22,896 91.7% 94.0% 6月16日〜21日
 7月8日 300 633 9,174 23,529 94.8% 96.6%  6月22日〜6月30日
7月16日 121 250 9,295 23,779 96.0% 97.7%  7月1日〜7月7日
7月21日 45 75  9,343 23,858 96.5% 98.0% 7月8日〜7月12日
 合計 9,343 23,858 現金給付3件

今後の振込につきましては、7月13日(月曜日)から7月17日(金曜日)までに福祉こども課で特別定額給付金申請書を受領した分は、7月29日(水曜日)に振込ができるよう準備を進めています。

また6月30日(火曜日)時点で、未申請の方宛に案内を発送させていただきました。

特別定額給付金申請は8月31日(月曜日)までとなり、9月以降の申請については給付ができません。

給付金申請の手続きがお済みでない方や申請をお待ちいただいている方は、お早めに申請していただきますようお願いします。

特別定額給付金申請書の記入や添付書類に不備がありますと振込が遅れる場合がありますので、確認をしてください。

なお、案内文が郵送される間に行き違いになってしまった場合は、ご容赦いただけますようお願いします。

振込日については、福祉こども課での受領日で取扱いをしています。

 また、振込日の確認を電話で問い合わせていただいてもお答えできませんので、ご理解よろしくお願いします。

※振込通知書は郵送していません。通帳には「オオグチトクベツ」と印字されますので、指定口座の通帳記入でご確認ください。

※特別定額給付金申請書に係る添付書類のコピーにつきましては、役場(戸籍保険課)と福祉こども課で有料にて承りますので、ご利用ください。

更新日 2020年7月14日

特別定額給付金の郵送申請について

特別定額給付金の郵送申請の受付を開始しましたが、不備が多く見られます。

記入漏れや添付書類(本人確認書類と口座確認書類)を確認していただいてから、申請してください。

不備があると振込が遅れる可能性があるため、ご協力お願いします。

5月27日(水曜日)の振込について

5月27日(水曜日)に第一回の振込を完了致しました。

通帳への印字を「オオグチトクベツ」とお伝えしていましたが、「オオグチフクシ」と印字されています。

皆さまにはご迷惑おかけして申し訳ありませんでした。

第2回の振込の方からは「オオグチトクベツ」と印字されますのでよろしくお願いします。

※振込通知書は郵送しないので、通帳記入で振込の確認をよろしくお願いします。

更新日 2020年5月28日

特別定額給付金の申請書の郵送について

特別定額給付金の申請書を5月22日(金曜日)より順次発送しております。6月5日(金曜日)までに申請書が届かない方は福祉こども課(0587-94-1222)までご連絡ください。

※オンライン申請をされた方につきましては、申請書の郵送を行いません。入れ違いで郵送される場合がございます。

大口町から発送する封筒はこちらになります。

特別定額給付金_定形外封筒

封筒が届きましたら中をご確認ください。封筒の中には、以下の5点が入っています。

特別定額給付金の申請書(A3)

申請書の記入例(A4)

申請書類のチェックシート(A4)

詐欺注意のチラシ(A4)

返信用封筒

※書類に不備、不足があった方は福祉こども課までご連絡ください。

記入例を参考に申請書に記入してください。不備があると振込が遅れる可能性がありますので、ご注意ください。

記入ができましたら、チェックシートで確認してもらい、申請書(A4サイズに切り取り、封筒に入るサイズに折ってください。)を同封の返信用封筒に入れて返送してください。

※切手などは不要です。中身が出ないよう封筒の口は糊付けしてください。

更新日 2020年5月22日

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策の1つとして、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、全国民に一律10万円を給付します。大口町における5月18日時点での給付スケジュールをお知らせします。

町民の皆さまにはたいへんお待たせいたしておりますが、少しでも早期給付ができるよう準備を進めてまいります。また、スケジュールにつきましては現時点での見込みですので、変更が生じた場合には、ご理解くださいますようお願いいたします。

特別定額給付金申請スケジュール

特別定額給付金の振込開始について
・オンライン申請による第1回目の振込みを5月27日(水曜日)、郵送の申請による第1回目の振込みを6月中旬に予定しております。その後、順次振り込みをする予定です。
なお、申請をしていただいた指定口座への振り込み(「オオグチトクベツ」と記載されます)をもって支給決定となりますので記帳等によりご確認ください。
 ⇒今回は、支給決定通知書の送付はいたしません。
・具体的な振込日のお問い合わせは返答しかねますのでご了承ください。
書類郵送による申請スケジュール
  1. 町からの申請書発送は、5月25日を予定しています。順次、 世帯主の方宛てに申請書を郵送でお届けいたします。
  2. 6月1日より受付開始します。
    申請期限は、8月31日までの3か月以内です。(当日消印有効)
  3. 同封の返信用封筒で返送してください。
    申請書、本人確認書類(免許証、パスポートなど)のコピー、振込先確認書類(通帳やキャッシュカードなど)のコピーを同封してください。
  4. 第1回の振込みを6月中旬に予定しています。その後、順次振込予定です。
※新型コロナ感染症拡大防止対策により、今回の給付金手続に関しましては、場所を設けての応対窓口は設置いたしません。
詳しくは、Q&Aをご覧ください。
マイナポータル(ぴったりサービス)を利用した電子申請のスケジュール
  1. 5月13日より受付開始します。

    パソコン、スマートフォンからマイナポータル(ぴったりサービス)にアクセスして電子申請(※1)をしてください。電子申請は、振込先口座を入力したうえで、振込先口座の確認書類をアップロードしてください。

    ※電子署名により本人確認を実施しますので、本人確認書類は不要です。

  2. 第1回の振込みを5月27日(水曜日)に予定しています。その後、順次振込します。

※1 電子申請について

パソコンでの申請には、専用のカードリーダーが必要です。また、スマートフォンでの申請には、専用のアプリケーションのインストールが必要です。

関連サイト

※今後におきましても町広報紙及びホームページなどで随時情報をお知らせしていきます。

更新日 2020年5月21日

【特別定額給付金に関するQ&A】

更新日 2020年5月12日

給付金の概要

給付対象者・受給権者

令和2年4月27日時点において、住民基本台帳に記録されている方

受給権者は、その者の属する世帯の世帯主

給付額

給付対象者1人につき10万円

申請・給付方法

感染拡大防止の観点から、給付金の申請は以下を基本とし、給付は、原則として申請者の本人名義の銀行口座への振込みにより行います。

なお、やむを得ない場合に限り、窓口での申請・給付を認めます。

郵送申請方式

市区町村から受給権者宛てに郵送される申請書に振込先口座を記入し、振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに、市区町村に郵送。

オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能)

マイナポータルから振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要)。

特別定額給付金(仮称)についての最新情報

総務省のホームページでご確認ください。

https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html

コールセンターが設置されました

特別定額給付金については、コールセンターへお問い合わせください。

問い合わせ先  総務省
電話      0120-260020
受付時間    午前9時から午後6時30分まで(休日問わず)

特別定額給付金に関するお問い合わせ

担当部署
大口町健康福祉部福祉こども課
電話
0587-94-1222
受付時間
午前8時30分から午後5時15分まで(土日祝日を除く)

配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援について

配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に今お住まいの市区町村に住民票を移すことができない方は、所定の手続きをしていただくと、以下の措置が受けられます。

世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。今お住まいの市区町村に申請を行っていただきます。手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。

対象となる配偶者からの暴力を理由に避難している方の要件

次のいずれかに該当する方

  1. 配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること。
  2. 婦人相談所から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や、配偶者暴力対応機関(配偶者暴力相談支援センター、市町村等)の確認書が発行されていること。
  3. 令和2年4月28日以降に住民票が今お住まいの市区町村に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること。
手続き方法

令和2年4月30日までに、特別定額給付金担当窓口へ「申出書」を提出してください。

  • 「申出書」は、配偶者からの暴力を理由に避難していることを申し出るものです。
  • 「申出書」は、お住まいの市区町村窓口のほか、婦人相談所や総務省ホームページなどで入手できます。
  • 令和2年4月30日を過ぎても、「申出書」を提出することはできます。
添付書類(手続きに必要な書類)

「申出書」には、配偶者からの暴力を理由に避難していることが確認できる書類として、次の書類のいずれかの添付が必要です。

  • 婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書や市町村が発行するDV被害申出確認書
  • 保護命令決定書の謄本又は正本

※同伴者がいる場合は、同伴者についても記載されていることなどが必要です。

特別定額給付金に関する詐欺にご注意ください

町や国・県(総務省等)が、ATMの操作をお願いすることや、給付のために手数料の振込を求めることはありません。

また、市や国・県(総務省等)が、給付のために住民の世帯構成や生年月日、銀行の口座番号等を電話やメールで問い合わせすることはありません。給付等をかたった不審な電話等があった場合には、警察署、町にご連絡ください。

具体的な手続きが決まりましたら、ホームページや広報でお知らせします。個人的ご連絡はいたしません。

更新日 2020年5月13日