愛知県感染防止対策協力金(令和3年2月8日から令和3年3月21日実施分)

愛知県感染防止対策協力金(令和3年2月8日から令和3年3月21日実施分)

令和3年2月2日に、国において、愛知県を対象とする緊急事態宣言の継続が決定されたことに伴い、愛知県では、営業時間短縮要請の延長を発表しました。

そして、2月28日をもって緊急事態宣言が解除された後、引き続き感染の再拡大を防止するため、愛知県では、3月1日から3月14日まで「愛知県厳重警戒措置」を発出しました。

さらに、愛知県は令和3年3月10日に、医療提供体制への負荷をより軽減し、首都圏・関西圏とともに感染の再拡大を着実に防止するため、現在の厳重警戒措置を3月21日まで、1週間延長することを発表しました。

2月8日から3月21日までの間の愛知県感染防止対策協力金の概要は次のとおりです。

 

協力金の申請先は愛知県になりますので、詳しくは、愛知県ホームページをご確認ください。

 

「12月18日~1月11日実施分」(2月19日締切)と「1月12日~2月7日実施分」(3月12日締切)とは別の申請が必要となりますので、ご注意ください。

愛知県ホームページ

緊急事態措置の解除及び厳重警戒措置の実施に伴う「愛知県感染防止対策協力金(2/8~3/21実施分)」の実施概要について(外部リンク)

愛知県感染防止対策協力金(2/8~3/21実施分)の申請受付について

 

問い合わせ先

協力金専用コールセンター

電話 052−228−7310

午前9時から午後5時まで(土曜日、日曜日、祝日を含む毎日)

 

協力金の概要

※営業時間短縮要請の内容の変更により、対象期間・支給額が変更になる場合があります。

対象事業者

県内の営業時間短縮要請を受けた施設を運営する事業者(大企業を含む)

 

対象施設

飲食店等

※飲食店営業許可又は喫茶店営業許可が必要

 

対象要件

業種別ガイドラインを遵守

県の「安全・安心宣言施設」に登録し、PRステッカーとポスターを掲示

 

2月8日~2月28日(21日間) ※緊急事態措置

営業時間の短縮

5時から20時まで

酒類の提供は11時から19時まで

※従前より5時から20時までの時間帯を越えて営業していることが必要

 

交付額

1店舗1日あたり6万円、最大126万円(要請に応じた日数分を交付)

 

3月1日~3月21日(21日間) ※厳重警戒措置

営業時間の短縮

5時から21時まで

※従前より5時から21時までの時間帯を越えて営業していることが必要

 

交付額

1店舗1日あたり4万円、最大84万円(要請に応じた日数分を交付)

 

申請受付期間

令和3年3月22日(月曜日)から4月23日(金曜日)まで(当日消印有効)

 

更新日 2021年3月22日