歴史民俗資料館

歴史民俗資料館

〜重要なお知らせ〜

大口町歴史民俗資料館の再開について

 6月3日(水曜日)から、大口町歴史民俗資料館は開館しますが、新型コロナウイルス感染拡大を予防し、「新しい生活様式」を実践しつつ、来館者の皆さまに安心して利用していただくため、ご協力いただきたこと(1から9まで)をお知らせいたします。

 

 

◯資料館に行こうと思ったら! 〜来館前にご協力いただくこと〜

資料館にお越しいただく前にご協力願います。

1 発熱や咳など、風邪の症状がみられる場合は、来館をご遠慮ください。

2 来館の際はマスクの着用をお願いします。

 

◯資料館のある大口町健康文化センターに着いた!! 〜来館時にご協力いただくこと〜

資料館は、大口町健康文化センターという複合施設の3階にあります。大口町健康文化センターに入り、資料館を利用する前までに、ご協力願います。

3  大口町健康文化センター玄関にて、検温を実施しています。体温が37.5度以上の場合や、明らかに体調に問題があると見受けられる場合は、入館をご遠慮いただく場合がございます。

4 3階資料館に到着しましたら、事務所前の消毒液で手指を消毒していただき、窓口にて「健康管理チェックシート」にご記入いただきます。このシートには、来館時の体調に関するご質問と、住所、氏名、連絡先をご記入いただきます。

※「健康管理チェックシート」にご記入いただいた個人情報は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、感染者が発生した場合に感染経路の追跡を行えるようにすることを目的としています。ご提供いただきました個人情報は、個人情報に関する法令に則り適正に管理し、上記目的の範囲内でのみ使用させていただきますので、ご理解とご協力の程、お願い申し上げます。

 

◯いざ資料館の中へ!!! 〜資料館内でご協力いただくこと〜

資料館内では、「3つの密(密閉・密集・密接)」を避け、「新しい生活様式」を実践した上で利用していただくため、ご協力願います。

5 資料館内では他の方と十分な間隔(約2メートルを目安に)をとってご利用ください。

6 資料館内では、お連れの方との会話をできうる限りご遠慮ください。

7 資料館内にありましたコマ、プラバン及び大八車の体験や体感広場など、手に直接触れて楽しんでいただくコーナーを当面の間利用を休止いたします。

8 展示室内が過密と判断される場合(目安として展示室内に20名以上)には、入館制限をさせていただくことがございます。制限する際には、ロビーで待機していただき、先に展示室内を見学されている方が退館されるまでお待ちいただきます。

9 団体見学の受け入れにつきましては、当面の間休止いたします。

 

 

以上、来館される皆さまにはご不便をおかけしますが、安心して資料館を利用していただくため、何卒ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

 

大口町歴史民俗資料館のご紹介

大口町歴史民俗資料館は、常設体感展示室と企画展示室に分かれています。

常設体感展示室は、約400m²ほどあり、前半を体感ゾーンとして農家・舟・昔の生活道具で遊ぶ広場によって構成されており、後半を歴史ゾーンとして時代ごとに大口町の歴史を紹介しています。地元の芸術、習慣習俗、歴史や生活にスポットをあてた、楽しくてためになる展示を心がけています。

企画展示室は、約150m²ほどあり、年3~4回の企画展を行います。

また、建物に対面するように木造・高床の文化財収蔵庫が建っており、約400m²ほどの床面積に農具・民具が収められています。

場所は大口町健康文化センター「ほほえみプラザ」3階です。

歴史民俗資料館への地図は大口町が運営する地図情報システム「大口町くらしマップ」でご案内します。(新しいページで開く) 


企画展のご案内

常設展示のほかに、随時、企画展示室において企画展を開催しています。

企画展のご案内ページへ

利用時間

午前9時から午後5時

休館日

毎週月曜日・火曜日・年末年始
※祝日開館(ただし、火曜日が祝日の場合は、翌日の水曜日を休館とします)

入館料

無料

常設風景1 
常設風景2

アクセス

【公共交通機関でお越しの方】
名鉄「名古屋駅」より名鉄犬山線「柏森駅」下車徒歩約30分

〇「柏森駅」から大口町コミュニティバスをご利用いただけます。
バス基幹ルートもしくは北部ルートで「健康文化センター」下車
※詳細につきましては、大口町コミュニティバス時刻表・路線図をご参照ください。

【お車でお越しの方】
国道41号線「新宮二丁目北」交差点を西へ約1キロメートル(下記地図参照)
chizu

関連リンク

作成日 2020年5月30日