空家の活用に関する補助制度

空家の活用に関する補助制度

大口町空家活用改修費補助金

平成31年度から「大口町空き家バンク」に登録されている空家の活用を促進し、町内の良好な住環境を確保するため、空き家バンクに登録されている物件を改修する方に対し、必要な費用の一部を補助します。

対象となる住宅(以下のすべてに該当すること)

(1)「大口町空き家バンク」に登録された住宅または登録を予定する住宅
(2)建築基準法及びその他の法令に基づき適正な許認可が得られる住宅
(3)地震に対して安全性が確保されている住宅または空家の改修と同時に耐震改修を行う住宅
(4)以前にこの補助金を受けていない空家であること

申請者の条件

(1)空家を購入もしくは賃借する者の場合は、その世帯が空家の改修後に10年間居住することが見込まれる者。空家を所有する者の場合は、住宅改修後に空き家バンクに10年間登録することが見込まれる者。
(2)町税の滞納がない者
(3)空家の購入者及び賃借人が所有者と生計を同一にする者または三親等以内の者でないこと。

対象となる工事

 空家の全部または一部の改修工事で、大口町内に事務所を有する事業者が行う工事とします。
ただし、新築、改築、増築、移築及び備品購入にかかる経費はこの補助金の対象となりません。

補助金額

 対象となる工事の額に3分の2を乗じて得た額とし、上限40万円とします。
なお、補助金の額に1,000円未満の端数がある時は切り捨てた額とします。

他の補助制度との併用について

 空家住宅を活用して移住定住される方のうち、以下の条件を満たす方は他の補助制度が併用できます。
(1)大口町外に1年以上居住している方で、町内に居住している親世帯と同居または近居を希望される方
  (大口町同居支援補助金及び大口町近居支援補助金交付要綱
(2)大口町内の事業所で1年以上働いている方
  (大口町在勤者定住支援補助金交付要綱

申請書類等

申請の流れ(PDF 94KB)
大口町空家活用改修費補助金交付要綱(PDF 178KB)
大口町空家活用改修費補助金 様式(PDF 252KB)(Word 29KB)
 ※表裏のある様式は両面印刷をしてください。
更新日 2021年12月3日