特別の理由による任意予防接種費用の助成について

特別の理由による任意予防接種費用の助成について
骨髄移植施術を受けたこと等の特別の理由により、定期予防接種の公課が期待できないと医師に判断された方が、任意で再接種する際の費用を助成します。

助成対象者

 以下の(1)〜(3)の要件をすべて満たす方。
(1)骨髄移植手術を受けたこと等の特別の理由により、定期予防接種の効果が期待できないと主治医に判断されていること。
(2)申請時及び定期予防接種済ワクチンの再接種の日において大口町の住民基本台帳に記録されていること。
(3)定期予防接種済ワクチンの接種回数及び接種間隔が、予防接種実施規則の規定によるものであること。

対象となる予防接種と上限年齢

BCG・・・4歳未満
小児用肺炎球菌・・・6歳未満
ヒブ・・・10歳未満
四種混合・二種混合・・・15歳未満
その他*・・・20歳未満
*B型肝炎、不活化ポリオ、水痘、MR(麻しん、風しん)、日本脳炎、子宮頸がん

助成金額

再接種費用の全額(ただし尾北医師会への委託料を上限とし、文書料は除きます。)

申請方法

(1)健康生きがい課へ事前申請する。(再接種日の1週間前までに申請にお越しください。)
 申請書の「医師記入欄」に定期予防接種の予防効果が期待できないと判断した理由を主治医に記入してもらう必要があります。
 申請書はこちらからダウンロードできます。(PDF112KB) 
 【持ち物:母子手帳、印かん】
(2)大口町より必要書類(認定通知書、実施依頼書)が申請者へ送付される。
(3)医療機関で任意予防接種(再接種)をうけ、接種費用を支払う。
(4)健康生きがい課へ助成申請と請求をする。
 【持ち物:再接種にかかる予防接種の領収書、予診票の写し、母子手帳、印かん、振込口座の通帳】
(5)大口町より必要書類(助成決定通知書)が申請者へ送付され、助成金の振込がされる。

更新日 2019年3月29日