マスクによる熱中症にご注意ください!

マスクによる熱中症にご注意ください!

新型コロナウイルス感染症対策として、暑い時期を迎えてもマスクをつけて過ごしていると、吸い込む空気が暖かくなって体に熱がこもりやすくなったり、マスクを着用して呼吸することで多くのエネルギーを使うため体温が上がり、熱中症になる危険性が高まります。
また、外出自粛の影響による体力の低下や、身体が暑さに慣れていないことも、熱中症になる原因となります。

熱中症予防のポイント

(1)意識して、こまめに水分・塩分を補給する
 室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じる前に、水分を補給しましょう。
 汗をたくさんかいた場合など状況に合わせて、塩分も補給しましょう。
 ※マスクをしていると、喉の渇きを感じづらくなるため、要注意!
 
(2)額や首、わきの下などを冷やして不快感を解消する
 保冷剤や氷水で身体を冷やすことで、体内の熱を放出でき、不快感も和らぎます。
  
(3)生活リズムを整える
 しっかりと睡眠をとり、3食きちんとバランスよく食べましょう。
  
(4)涼しいうちに散歩や運動をし、体力をつける
 人ごみを避けた散歩や室内の運動をして、体力をつけたり、汗をかく練習をしましょう。
     
(5)エアコンを活用する
   暑さで徐々に体力が低下し、室内でも熱中症になることがあります。
 節電中でも上手にエアコンを活用し、涼しく過ごしましょう。

このような症状があったときは・・・

重症度 症状 対応
 軽度 めまい、立ちくらみ、こむら返り  冷えた水分・塩分を補給し、涼しい部屋で安静にする 
 中等度  頭痛、吐き気、体がだるい 水分・塩分を補給し、涼しい部屋で安静にする
衣服をゆるめ、体を冷やす
自分で水分・塩分を取れないときはすぐに病院を受診する
 重度 意識がない、けいれん、高体温、
呼びかけに対し返事がおかしい
涼しい部屋で安静にする
衣服をゆるめ、保冷剤や氷水で冷やす
そのうえで、救急車を要請する

                                      出典:消防庁「熱中症対策リーフレット」

熱中症が重症化して病院を受診しようとしても、新型コロナウイルスの影響により、病院では受け入れが難しい状況も予想されます。そのため、まずは熱中症にかからないようこころがけましょう!

チラシとしてご活用ください!(PDF 211KB)

熱中症予防行動について(PDF 209KB)

関連サイト

環境省ウェブサイト「環境省熱中症予防情報サイト」

   各種普及啓発資料や、熱中症のかかりやすさを示す「暑さ指数(WBGT)」が公表されています。

厚生労働省ウェブサイト「熱中症関連情報」

   熱中症予防に対する厚生労働省の取り組みや、職場における労働衛生対策などを掲載しています。

スポーツ庁ウェブサイト

   新型コロナウイルス感染症の拡大防止と運動・スポーツの実施における留意点について情報提供されています。


更新日 2020年6月15日